成果が出るサイトの選び方やおすすめサイトを厳選|バーチャル展示場ナビ » 工務店・ハウスメーカーのマーケティング方法

工務店・ハウスメーカーのマーケティング方法

工務店やハウスメーカーでは、成約につながる顧客を獲得するためにさまざまな施策を講じています。ここでは、集客アップのために今業界で行われている住宅WEBマーケティングについて調べてみました。住宅業界の集客方法についても紹介しています。

工務店・ハウスメーカーの
集客課題

時代と共にライフスタイルが大きく変わったことで、住宅メーカーでは色々な集客課題を抱えています。上記のような問題を解決していくためには、市場の動向を見据えた戦略を行っていく必要があります。

成約率の高い顧客を効率的に集客していくことはもちろん、顧客ニーズにマッチした住宅営業を行っていくために、具体的にどのようなマーケティングを実施していくべきか、今どきの住宅マーケティングについて学んでいきましょう。

住宅WEBマーケティングの重要性

時代の変化と共に住宅業界の広告手法も変化し、多様化しているライフスタイルに合わせた新たなマーケティング戦略が求められています。スマートフォンの普及に伴い、マイホームを建てる際の工務店やハウスメーカー選びも紙媒体からインターネットが主流になりつつあります。

自社に専門部署がない場合は、1から部署を立ち上げてSEO対策やリスティング広告の運用等を行っていくことは大変な業務です。そのため、WEBマーケティングの専門知識を持った業者を上手く活用していくことをおすすめします。

工務店がマーケティングを行う際のステップ

自社のターゲット層とペルソナを決める

工務店がマーケティングを行なう際にまずすべきなのが、自社のターゲット層とペルソナ(人物像)の明確化です。ターゲット層とペルソナを明確にすることで、自社が提供する家づくりやリフォームを誰に届けたいのかがはっきりとし、マーケティング戦略を立てやすくなります。

ペルソナについては、「年収〇〇〇万円」「家族構成」「仕事」「趣味」などターゲット層よりもさらに詳細な人物像をイメージすることが大切。決まったペルソナは工務店全体で共有し、「誰に届けたいのか」という同じ意識をもってマーケティングに取り組んでいきましょう。

現状分析で課題と魅力を知る

ターゲット層とペルソナが決まったら、次は現状分析で自社の課題や魅力を把握します。マーケティングに取り組むにあたり、自社の現状を把握することは非常に重要です。自社の現状を把握していないと、解決すべき課題や売り出すべきアピールポイントが分からず、適切な施策を講じることができません。

現状分析ではフレームワークを利用しますが、まずは初心者でも取り組みやすい基本的な「SWOT分析」から始めてみることをおすすめします。

自社コンセプトを明確化する

最後に自社のコンセプトを明確化します。会社におけるコンセプトとは、「自社ならではの特徴」や「競合との差別化ポイント」を明確かつ分かりやすく言語化したものになります。

自社コンセプトを明確化する理由としては、自分に合った工務店を見つけるのに苦労している顧客に対し、自社だけの強みや提供できる価値を明確に伝えて集客や成約につなげるため。また、工務店全体で一貫したマーケティングを行うためにも、コンセプトの存在が重要になってきます。

もしもコンセプトがなかなか定まらない場合は現状分析が足りていないため、現状分析のフレームワークを再度行って、自社の課題や魅力をより深堀りしてください。

工務店のマーケティング戦略の立て方

工務店のマーケティング戦略の立て方としては、まず現状分析として自社のこれまでの施策を振り返り、課題や強みを把握します。次に他社との差別化を図るために、現状分析で把握した強みとターゲット層をもとにコンセプトを決定。そのうえで具体的な施策を検討していきます。

3C分析やSWOT分析、STP分析などの分析手法も活用しながら、マーケティング戦略の策定に取り組んでいきましょう。

工務店の
マーケティング戦略の立て方について詳しく見る

工務店・ハウスメーカーの
集客方法

多くの人に自社の認知度を高めるために、今はインターネットを活用した多様なアプローチ方法があります。

例えば、ホームページやブログのSEO対策をはじめ、InstagramやFacebookといったSNSの運用やYouTube動画の投稿など、自社に適したWEBマーケティングを継続して運用していくことが重要です。

工務店・ハウスメーカーの
集客方法について詳しく見る

工務店のLINE活用
による集客方法

工務店がLINEを活用することで、集客力を大幅に向上させる方法を詳しく解説します。LINEは多くの人々が日常的に利用しているため、効果的なツールとなります。顧客とのリアルタイムでのコミュニケーションが可能になったり、展示会やキャンペーン情報を一斉に配信できたり、メリットはさまざま。さらに、顧客データを活用してターゲットを絞ったマーケティングも可能です。工務店のLINE活用で、顧客との信頼関係を築き、集客力を高めましょう。

工務店のLINE活用
について詳しく見る

工務店のインスタ活用
による集客方法

工務店がインスタグラムを活用するメリットを紹介します。視覚的な魅力を伝えやすく、ブランドイメージを強化できるインスタグラムは、施工事例やデザインを高品質な画像や動画で紹介するのに最適です。ハッシュタグやリール、ストーリーズを活用することで広範囲にリーチし、顧客と双方向のコミュニケーションを取ることも可能。コスト効率も高く、定期的な投稿と高品質なコンテンツでフォロワーの関心を引き、エンゲージメントを高めましょう。インスタグラムを活用しない手はありません!

工務店のインスタ活用
について詳しく見る

総合住宅展示場への集客方法

ここ数年、総合住宅展示場への来場客人数は減少傾向となっています。そのため、モデルハウスへの集客を促していく手段として、新聞広告やチラシ、住宅情報誌といったアナログ的な方法や、自社のWEBサイト等のインターネットを活用した方法などで集客を行っています。

近年は、自宅にいながらモデルハウス見学ができるバーチャル展示場で、あらかじめ住宅の魅力を伝えたうえで住宅営業を展開していく企業が増えてきています。

総合住宅展示場への
集客方法について詳しく見る

イベントでの集客方法

イベントは開催することが目的ではありません。顧客に参加してもらい、自社に興味を持ってもらうことが目的です。そのため、イベントは中身はもちろんですが集客方法も考慮する必要があります。近年、イベントの集客方法としてオンラインでの開催もにも注力されています。

オンライン・オフラインを含めいくつかのイベントがあるため、自社の強みや顧客にあった打ち出し方、イベント内容を検討して集客に繋げましょう。

イベントの
集客方法について詳しく見る

バーチャルイベントによるマーケティング

インターネット上に構築した仮想空間やVRシステムといったデジタル技術を活用し、世界中から様々なユーザーがオンライン参加できるバーチャルイベントが各所で開催されています。

バーチャルイベントをマーケティングやプロモーションへ活かすポイントや手法、メリット・デメリットなどについて、将来的な展望を踏まえつつまとめて解説します。

バーチャルイベントによるマーケティング
について詳しく見る

売上向上のための
マーケティング

工務店が売上向上を目指していく上で、認知度の向上や集客率のアップだけでなく、それぞれの顧客や施主に対して高品質かつ魅力的なサービスを提供し、長期的な信頼関係を構築するためのマーケティング戦略が重要となります。まずは工務店にとって重要な売上アップのポイントや課題解決に向けた取り組みについて考えていきましょう。

売上向上のための
マーケティングについて詳しく見る

関連記事一覧
「LIVRA WORLD」バーチャル展示場出展無料モニター募集