成果が出るサイトの選び方やおすすめサイトを厳選|バーチャル展示場ナビ » バーチャル展示場とは » バーチャル展示場の効果

バーチャル展示場の効果

ここでは、バーチャル展示場にモデルハウスを出展することで得られる効果について独自調査。集客を行う上でメリットとなる点についても紹介しているので、集客に課題を抱えている住宅メーカーは要チェックです。

集客の幅が広がる

バーチャル展示場はエリアを限定していないため、自社に興味を持った人が全国どこからでもモデルハウスを見学することができます。24時間365日対応しているため、来場者は時間を気にすることなくアクセスすることが可能。

インターネット環境さえあれば、出先や自宅はもちろん、遠隔地からでも気軽に参加できるところもバーチャル展示場の大きな魅力となっています。時間や場所にとらわれない展示スタイルなので、これまでとは違ったアプローチ方法で新たな客層の集客も見込めるでしょう。

イベントやウェビナー開催も
おすすめ

オンラインならではの施策として、バーチャル展示場ではVRモデルハウスの展示だけでなく、住宅イベントやウェビナー開催なども実施。顧客とのコミュニケーションツールとして活用することができます。

イベントやウェビナーは全てオンラインで完結するので、参加者にとって利便性が高いところもおすすめポイントのひとつ。参加者の顧客データを分析し、顧客へのフォローアップを行うことで、更なるコミュニケーションを広げられるでしょう。

有効な顧客情報が得られる

ほとんどのバーチャル展示場では、サイトの閲覧数や各ページの滞在時間、よく見ている項目、好みの傾向などの行動データを集計し分析することが可能。来場者データを分析することで顧客の求めているものが明確になります。

個人に関する情報の提供に慎重なユーザーも多いため、収集した顧客データは成約につながる貴重な顧客情報。これらの情報をもとに、来場者のフォローアップや住宅営業を仕掛けていくと成約にもつながっていくでしょう。

確度の高いユーザーが集まる

事前にバーチャルで見たうえで実際のモデルハウスに足を運んでいるため、住宅購入に対するモチベーションが高いユーザーが集まりやすい傾向にあります。

そのため、自ら情報を求めている確度の高いユーザーに絞ってアプローチすることによって、成約率もアップ。効率よく住宅営業を行えるようになります。

バーチャル展示場で効果を得るためのポイント

最新の市場動向・ノウハウのキャッチアップ

バーチャル展示場のプラットフォームや運用システムは日進月歩で発展しており、効果的なバーチャル展示場を実現するためには市場の動向やトレンドに意識を向けながら、社会や人々のニーズへ効果的にアプローチするためのノウハウを実践することが不可欠です。

デバイスやアプリの進化やユーザーの興味をキャッチアップできるよう、日頃から情報アンテナを張っておきましょう

目的の明確化と実現に向けた戦略策定

バーチャル展示場といっても様々なスタイルやマネジメント方法が考えられるため、適切なプランニングやデザイニングを戦略化するためには最初にきちんとコンセプトとテーマを決定して、バーチャル展示場を運営する目的を明確化しておかなければなりません。

また、目的に対して適切な手段やツールを戦略的に検討しながら、それを具体的に実行していくための方策に取り組みつつ、事業で生じた課題や問題をフィードバックして速やかに対処する体制の構築が求められます。

ユーザーファーストなUX設計

UXとは「ユーザーエクスペリエンス(User Experience)」の略称であり、直訳すると利用者や顧客にとっての「体験」となります。

UXは、システムやツールの利便性や使いやすさを意味するUI(ユーザーインターフェース)と同様に重要なポイントであり、自社のバーチャル展示場を訪れてサービスを体験した人々が、それぞれ魅力や価値を実感できるように、常に利用者の視点に立ったユーザー第一主義のプラットフォームを設計していくことが重要です。

素早くPDCAを回しながら運用

PDCAとは「Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(対策)」の頭文字を取ったビジネス用語であり、あらゆる事業はPDCAサイクルを循環させながら運営していくことが基本となります。

バーチャル展示場を運用する場合も、計画を立てて実践し、さらにその結果をフィードバックさせて課題の改善やプロジェクトの発展につなげることが肝要です。

不足がない開発・運用体制の構築

バーチャル展示場を導入する場合、必要な機能やUIといった仕様を検討しながら開発の無駄を省き、企画から実現までのコストや工期を抑えつつスピード感のあるマネジメントを維持していくことが大切となります。

そのため、開発前の市場調査やプランニングを適切に行い、さらにバーチャル展示場をスタートさせた後もしっかりと管理していけるよう社内体制を強化しておきましょう。

バーチャル展示場は集客効果大

限られた市場で集客を行っていくには限界があります。しかし、バーチャル展示場であればパソコンやスマートフォンなどの幅広いデバイスからいつでも自由に見学可能。実在の住宅展示場と比べると、集客のバリエーションが広がります。

トップページでは、集客に強いバーチャル展示場を紹介しているので、自社にピッタリのプラットフォームを見つけてみてください。

POINT
自社の集客課題を
解決できる
バーチャル展示場とは

バーチャル展示場で成果を上げるためには、集客できるプラットフォームを選ぶことが重要なポイント。

このサイトでは市場にある様々なバーチャル展示場について調査し、注目すべきサービスについて紹介しています。ぜひ参考にしてください。

【サービスの特徴別】
おすすめのバーチャル展示場3選を見る

ピックアップ関連記事
「LIVRA WORLD」バーチャル展示場出展無料モニター募集