成果が出るサイトの選び方やおすすめサイトを厳選|バーチャル展示場ナビ » バーチャル展示場とは » バーチャル展示場の補助金

バーチャル展示場の補助金

バーチャル展示場の導入は、中小企業や個人事業主にとって大きな機会です。しかし技術的な進歩と革新の速度に伴い、導入コストは依然として高い障壁にもなり得ます。このページでは財政的な負担を軽減して、より多くの企業がデジタル変革を実現できるように補助金プログラムに焦点を当てます。

バーチャル展示場に補助金は
活用できる?

国や地方自治体が提供する補助金をバーチャル展示場の導入に活用できます。導入には費用負担が大きくなってしまう懸念点が考えられますが、補助金を活用することで初期投資の負担を軽減可能です。

補助金は募集ごとに予算枠があり、募集時期を限定しています。上限に達すると募集終了です。状況が逐一変化するため、公的機関の公式サイトより最新情報を都度確認するのがおすすめです。

活用できる補助金

IT導入補助金

デジタルツールやシステムの導入によって、事業の効率化やサービスの向上を図る中小企業を支援するための補助金です。デジタル技術の導入に伴うコストの一部をカバーして、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を促進します。

対象者

中小企業や小規模事業者が主な対象です。特にデジタル化を推進したくても財政的な制約に直面している企業にとっては、大きな支援となります。

補助対象

対象となるプロジェクトは幅広く、バーチャル展示場の開発や導入も含まれます。場所や製品、サービスをデジタル空間で展示して、より広い顧客層にアピール可能です。

補助率・補助額

事業再構築補助金

新しいビジネスモデルへの転換や事業構造の革新を目指す企業を対象としています。特にコロナウイルス感染症の影響を受けた企業が、経済社会の変化に対応するための事業転換や新分野展開に対して、財政的な支援をする補助金です。

対象者

新たなビジネスモデルや市場への挑戦を考えている中小企業や個人事業主です。バーチャル展示場の構築やデジタルマーケティングの強化など、事業再構築に必要な取り組みが支援の対象となります。

補助対象

事業のデジタル化や新たな市場への進出を含む、幅広い再構築プロジェクトを対象としています。バーチャル展示場の構築も、事業の再構築として認められる場合があります。

補助率・補助額

バーチャル化のコストを抑えた
DXが可能

初期投資が大きな壁となることがありますが、バーチャル展示場の導入は、補助金の活用によって費用を軽減できます。補助金を受けると中小企業や個人事業主もDXを効率的に推進可能です。バーチャル展示場の導入によって、製品やサービスを国内外の市場に広く紹介できるようになり、ビジネスの成長と展開の機会を広げられます。

ピックアップ関連記事
「LIVRA WORLD」バーチャル展示場出展無料モニター募集